「トリコチロアール」の成分は?

トリコチロアールの成分は?

トリコチロアールの全成分は、下記となります。(公式サイトより引用)

【有効成分】グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス
【その他の成分】サクラ葉抽出液、ビワ葉エキス、アロエエキス(2)、シソエキス(1)、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ゴボウエキス、セージエキス、ニンジンエキス、クロレラエキス、カッコンエキス、チンピエキス、グレープフルーツエキス、海藻エキス(5)、クララエキス(1)、センキュウエキス、トウキエキス(1)、常水、ジグリセリン、1, 3ープロパンジオール、1, 2ーペンタンジオール、1, 3ーブチレングリコール、ポリグルタミン酸塩、コンフリーエキス、dーδートコフェロール、キサンタンガム、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、1, 2ーオクタンジオール、クエン酸ナトリウム、精製水、香料、グリセリンモノ2ーエチルヘキシルエーテル、フェノキシエタノール
※香料にはユーカリ葉油(芳香成分)のみ使用しております。

なお、円形脱毛による抜毛・脱毛後には弱った毛根をケアしながら育毛することが大切なポイントですが、トリコチロアールは3種の毛母・毛根活性成分(ビワ、クララ、セージ)、3種の血流改善成分(桜の葉、アロエ、グリチルリチン酸ジカリウム)、12種の抗菌(フケ・かゆみ対策)成分(センキュウ、トウキ、紫蘇、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウ、オランダカラシ、セイヨウキズタ、ニンニク、松、ローズマリー、ゴボウ)が配合されており、円形脱毛用育毛剤ならではの98.8%以上が毛根改善成分となっています。

また、エタノール含有の育毛剤は脱脂乾燥により頭皮が乾燥してしまうために円形脱毛には不向きという観点から、エタノール、シリコン、パラベン、硫酸塩系界面活性剤、鉱物油、紫外線吸収剤、合成着色料、合成香料、合成キレート剤といった刺激のある成分は不使用となっています。

円形脱毛の加速を防ぐ天然植物由来の保湿6成分(クロレラ、葛根、グレープフルーツ、海藻(すさびのり)、ポリグルタミン酸、コンフリー)も合わせて配合されています。

まさに円形脱毛のケアのために徹底的に考えられた成分配合となっています。

▼公式サイトはこちらから!



【トリコチロアール】

ページ内リンク